【イベントレポート】 Makuake活用セミナー・Makuake ACADEMIA

「Makuake」の実施をご検討中、準備中の皆さま向けに「Makuake」活用セミナーを開催しましたので当日の様子をご報告させていただきます。


「Makuake」では、1プロジェクトにつき必ず1人専任の「キュレーター」が付き、プロジェクトの設計やグロース戦略等をサポートさせていただいています。

 そのようにプロジェクトをご一緒させていただいた実行者さまが、「Makuake」を成功させ、次の製品開発に生かしたり、販路拡大のきっかけとしていただくケースも増え、これまでの掲載実績は7,000件を超えております。

 本イベントは、その実績から得た知見をお伝えしてプロジェクトの準備から成功、その後の事業展開にも役立てていただければという思いで実施致しました。

 セミナーパートでは、マクアケの説明とプロジェクトのタイプ別の設計やページ作成のポイントをお伝えし、質疑応答の後には座談会形式での相談会を実施致しました。



雪の予報も出る中、満席でセミナーはスタート。


「Makuake」の活用についてご説明

 まずプロジェクトの設計・グロースを担当するキュレーター成毛より、「Makuake」の仕組み・使い方などをご説明しました。



プロジェクトのパターン別 設計方法

 続いて、同じくキュレーターの武田からはプロジェクトのパターン別に事例を交え、
ページ設計のアドバイスやリターンの設計方法などをご説明させていただきました。

参加者からは、『ユーザーに「コミュ二ティの仲間になりたい」というニーズがあることに驚いた』という感想や、『自分が「Makuake」を実施予定の商品がどのパターンになるのかを知れたので、今後の他プロジェクトの研究にいかしていきたい』というお声をいただきました。


また、質疑応答でも多くの方からご質問をいただき、「Makuake」で成功する商品の特徴やマクアケのサポート体制など、詳細にお伝えしました。


相談会

その後は、各グループに一人キュレーターがつき、座談会形式で個別の相談や質問に対応。製品の量産体制についてや広告配信など、より「Makuake」の成功に向けた具体的な質問が多く見受けられました。

お話が盛り上がっていましたが残念ながらお時間となったためセミナーは終了。

参加者同士の名刺交換など、その後も交流が続いていました。

本イベントにご参加いただいたみなさまからは、「実施に向けて準備を進めます!」というお声も多くいただきましたので、改めてプロジェクトご実施まで、サポートに尽力してまいります。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

今回ご参加いただいたみなさまのように、一度問い合わせてみたけど、準備途中で止まってしまっていた…というようなプロジェクト実施検討中の方がいらっしゃりましたら、お気軽にお声がけ下さいませ。

もちろん、初めてのプロジェクトご実施を検討中の方、一度プロジェクトを実施したリピート希望の方も随時ご相談受け付けております!

ご興味のある方はぜひ、下記フォームよりお問い合わせくださいませ。

Makuake

アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」のユーザー、サポーター、プロジェクトに挑戦する実行者のみなさまへ向けた情報をお知らせしています。

0コメント

  • 1000 / 1000