クリエイティブを加速させるキーボード「SHORTCUT-S」

いまやコンピューターを利用するデザインの場では必需品となったAdobe社の「Photoshop」。この商品のクオリティは素晴らしいため、プロのデザイナーのほとんどはこのソフトを使用して画像編集をしていると言ってもいいほどだ。そんなPhotoshopであるが、高機能がゆえの欠点があった。その欠点とは、利用できるコマンドが多すぎるのだ。それがなぜ問題なのか。それは、キーボードのキーが足りないのだ。正確にはいくつかのキーをあわせて入力することによって対応できるのだが、その際に使う指は4本いるコマンドもしばしばある。それゆえ、時間がかかってしまう。さらに言えば、そのキーの組み合わせを覚えるにもかなりの時間を要してしまう。これでは非効率だ。そんな非効率を解決する装置が、この度Kickstartarで投資を募っている。それが、この「SHORTCUT-S」である。代表はSORIN NEICA氏。対応しているPhotoshopのバージョンは、CS3以降。Creative Cloudへの対応は明記されておらず、気になるところだ。
 ▼全てのコマンドを1本の指で。今まで4本の指でキーを入力することにより、通常のキーボードで対応を可能としていたPhotoshop。それをSHORTCUT-Sは指一本で入力するのだから、スペースは必要となるのは自明だ。気になるサイズは、縦306ミリ×横403ミリだ。比較するならば、A5サイズ(148×210)の紙が2枚分と考えてもらえればどうだろうか。▼  あなたのクリエィティブは加速する
上の画像を御覧頂いてわかるとおり、通常のキーボードを利用した場合の編集では、8分45秒かかっていた作業。これが、SHORTCUT-Sを使うことによって3分15秒まで短縮できたのだ。これが自分の作業で実現すれば仕事の質がどうなるかは、デザイナー・クリエイター本人が一番わかっているだろう。余った時間は作品の質を更に高めるのもよし、余暇に当てるのもよし。新たなる技術の習得をしてステップアップを目指すのもよかろう。キーボード一つで自分の時間が増えるなら、購入を考えてみても悪くはないはずだ。 また、この商品はPhotoshop以外にも対応している。対応しているのは主に以下の8つだ。1 : Adobe Lightroom2 : Adobe Photoshop3 : Adobe Illustrator4 : Adobe Premiere.5 : Adobe Aftereffects6 : Final-Cut7 : Corel Draw8 : Other ( UNIVERSAL OVERLAY ) 以上のソフトで使用することが可能である。 プロジェクトの状況は、3月2日現在で達成率は14%、金額にして$25,933となっている。購入すれば、2014年の夏頃には配送可能なようだ。Adobe社のソフトを愛用している方は、この際に投資してみてはいかがだろうか。 Kickstarter内の記事:https://www.kickstarter.com/projects/5074048/special-dedicated-editing-keyboard-for-photoshop

Makuake

プロジェクトを始めたい方、支援したい方に情報を発信中! イベント情報やリリース情報などもお届けします。 FB・TW・Instagram・LINE でも発信中! http://blog.makuake.com/posts/919350

0コメント

  • 1000 / 1000