プロジェクト実行者必見のリターンの参考例<スポーツ編>

リターンの設計はクラウドファンディングが成り立つために欠かせない要素です。クラウドファンディングの様々なジャンルで多様なリターンがありますが、今回はスポーツの分野について記載します。実際のクラウドファンディングサイトではスポーツの分野において以下のようなプロジェクトが実施されました。  【Makuake】
2014年2月から本格始動する男子7人制ラグビー専門クラブチーム「サムライセブン」。リオ・東京の五輪に向け実施されたこのプロジェクトでは下記のようなリターン設計が設定されました。・サムライセブンオリジナル名刺100枚・吉田義人直筆サイン色紙・サムライセブンオリジナルTシャツ・吉田義人直筆サイン入りサムライセブンオリジナルラグビーボール・吉田義人指導による、セブンズラグビー体験(1時間)&練習見学会今後、新たなプロジェクトを始めようと思っている方は是非参考にしてみてください。  【indiegogo】
 indiegogoで開始されたスポーツプロジェクトです。BCI(Basketball Club International)は2004年設立され、バスケットボールファンや子どもたちに向けたイベント活動を行っている非営利団体です。このプロジェクトは世界中の人々にバスケットボールというスポーツに触れる機会を提供するために実施されました。リターン内容としては、・BCIウェブサイト上に支援者の名前を掲載する。・バスケットボールの革から作られたBCIキーチェーン。・バスケットボールの革から作られたBCIバッグ・BCITシャツ・BCIの試合のVIP招待。 国内外でクラウドファンディングは幅広く行われています。様々なプロジェクトやそのリターン設計を是非見てみてください。 ■クラウドファンディングサイト <スポーツカテゴリ>【Makuake】https://www.makuake.com/discover/categories/sports/【indigogo】http://www.indiegogo.com/projects?filter_category=Sports&filter_country=CTRY_US&filter_quick=popular_all

Makuake

プロジェクトを始めたい方、支援したい方に情報を発信中! イベント情報やリリース情報などもお届けします。 FB・TW・Instagram・LINE でも発信中! http://blog.makuake.com/posts/919350

0コメント

  • 1000 / 1000