クラウドファンディングが必ず成功する!?動画製作7つの方法

海外だけではなく、日本のクラウドファンディングプロジェクトには、よく動画が用意されていることがあります。そのためプロジェクトをスタートしようとしている実行者の方は、クラウドファンディングを実行する際にプロジェクトの魅力がより伝わるとおもい、「動画が欲しい」と考える事が多いです。しかし、実際に調べてみると、動画製作には非常に労力と時間がかかることが分かり、断念してしまう方も少なくは無いでしょう。 今回は、そんな方のために、短い動画であってもサポーターに想いが伝わり、プロジェクトを成功に導く動画の作り方を紹介したいと思います。  

1. 動画は短く簡潔に

動画が長すぎると、動画を視聴しているユーザーは飽きてしまいます。動画は、1分30秒〜3分の長さに収めましょう。
 

2. 言葉ではなく、イメージを押し出す

動画を使用しているので、言葉ではなく、イメージを積極的に活用しましょう。プロジェクトのイメージにナレーションを入れるのが、最もシンプルな方法です。Tokachi Glocal Filmmaking Project from Yoshiro Osaka on Vimeo.  

3. 見る側のなぜ?を解決すること

動画を見るサポーターは、プロジェクトについて何も知りません。そのため、動画にはあなた自身の事、プロジェクトのストーリー、リターンの内容、将来的な展望、熱いメッセージを含めて、見る側の疑問を解決しましょう。
  

4. 実行者の本人による出演

プロジェクトの裏で、どのような人が実行しているのかをサポーターに見せることも大切です。そのため、動画には実行者本人が出演しましょう。
 

5.  動画の始めは、キャッチーに

動画の始まりはとても大切です。実行者本人のプレゼンや、強力なイメージを活用して、サポーターの興味を引きましょう。
  

6. 画質が綺麗で、ぶれていない

視聴するユーザーにとって、動画が綺麗であることによって、視聴するモチベーションが変わります。なるべく、画質が綺麗に撮れるカメラを用意し、三脚や固定した机等を活用して、画質が綺麗で、ぶれていない動画製作しましょう。
 

7. 動画の最後に、熱い想いやメッセージを込める

動画の最後に、プロジェクトの実行者として、あなたのプロジェクトに対する想いやメッセージを伝えましょう。あなたがどれぐらいプロジェクトに対して本気であるかを伝えることで、サポーターの共感を得ることが出来ます。
  以上の7つのポイントに留意して、1分半から3分の動画製作を始めれば、それ程時間や労力を使わずとも、クラウドファンディングに適している動画を作る事が出来ます。ぜひ実行者の皆さんは、この機会にクラウドファンディングの動画を製作し、プロジェクトを成功させましょう!!

Makuake

プロジェクトを始めたい方、支援したい方に情報を発信中! イベント情報やリリース情報などもお届けします。 FB・TW・Instagram・LINE でも発信中! http://blog.makuake.com/posts/919350

0コメント

  • 1000 / 1000