プロダクトのプロジェクトをもっと魅力的にする5のtips

これまでクラウドファンディングを成功させるためのtipsをご紹介してきました。

今日は一般的なプロジェクトと見せ方や訴求方法が異なる「プロダクト」のジャンルに特化して、過去のMakuakeのプロジェクトを参考にしながら5つのtipsをご紹介します。

一般的なクラウドファンディングのプロジェクトが

・プロジェクト自体の社会的な意義や魅力

・実行者がそのプロジェクトを行いたい理由を伝えていく

のが大事なのに比べてプロダクトのクラウドファンディングは、いかにそのプロダクトの魅力を伝えられるのか?というところが肝になります。

これから写真や動画の準備からプロモーション等、プロジェクト成功のために必要な事項を順番にそって書きましたので、ご紹介するtipsを参考にしていただきながら、プロダクトの魅力が伝わるプロジェクトを是非つくってみてください!


1.動画は命!プロダクトの魅力が伝わる動画をつくろう

2.プロダクトがよくわかる写真を撮影しよう

3.プロダクトの魅力が伝わる文章を書こう

4.リターンは、同じ値段で+アルファがついた限定数ありと、なしの2種類を用意しよう

5.プロダクト・ガジェットを紹介しているメディアに掲載依頼をしよう


それでは、一つ一つ詳しくご紹介します。 


1.動画は命!プロダクトの魅力が伝わる動画をつくろう

プロダクトを販売するクラウドファンディングにおいて、動画は命といっても過言ではありません。動画がまだなければ、クラウドファンディング用にプロダクトの魅力が伝わる動画をつくりましょう。世界で話題の組み立て式ロボット「RAPIRO (ラピロ)」のさらなる世界展開プロジェクト!の動画は、説明がなくても動画だけで・RAPIROはどんなことができるロボットなのか・動きがとても可愛らしいことなどが伝わってくるよい例です。
アンドロイドスマホにボタンを装着!?簡単操作で一発起動、Pressyの動画は、言葉での説明もあり、どのようなシーンで、何に使う事ができるのかということが非常にわかりやすいです。また、ユーモアをいれた映像なので、飽きずに見ながら機能性も伝わるものになっています。


2.プロダクトがよくわかる写真を撮影しよう

動画と合わえせて、プロダクトの魅力が伝わる写真を載せる事も非常に重要です。そのプロダクトの使い方や利用シーンがイメージできるような、魅力的な写真をなるべく多く用意しましょう。
草野球バッグのイノベーション!機能性とデザイン性を追求したバッグパックをつくろうでは、バッグの細かな部分でのこだわりや、利用シーン、収納のポケットを使っているシーンなどの写真がふんだんに使われていて、「こんなこだわりもあるのか!」「バッグ使ったらこんなかっこ良く見えるのか!」とビジュアル的に魅力が伝わりやすいです。


3.プロダクトの魅力が伝わる文章を書こう

さて、次はプロジェクトページの文章の書き方についてです。以前、目標金額170%を達成したenraから学ぶ!”鉄板”クラウドファンディングページ文章のつくり方で文章構成についてはご紹介しましたが、今回はプロダクト系のプロジェクトの場合によい書き方をご紹介します。下記の順番に従って書くとわかりやすい文章になると思いますので、是非参考にしてみてください。(1)最初に何ができるプロダクトなのか、どんなプロジェクトなのかを簡単に説明まずは最初に「一言でいうとどんなプロダクトなのか」「何が特徴なのか」「何のためにクラウドファンディングを実施しているのか」といった点を簡単に説明しましょう。
世界で話題の組み立て式ロボット「RAPIRO (ラピロ)」のさらなる世界展開プロジェクト!では、ページの上部を見るだけで・RAPIROはかわいくて高性能で低価格な組み立て式ロボットであること・部品を組み立てると、自分でロボットをつくることができる・製造ラインを増やして世界展開を加速させるためにMakuakeでクラウドファンディングを実施していることがわかります。(2)そのプロダクトを創るにいたったストーリーを書く
草野球バッグのイノベーション!機能性とデザイン性を追求したバッグパックをつくろうでは、どうして草野球のプロジェクトを行おうと思ったのか、等が書かれているため、ページを見ている人にも納得感がもたれます。
(3)プロダクトの革新的な点をわかりやすく書くページを見ている人に「この商品がほしい!」と思ってもらえるように、・そのプロダクトでどんなことができるのか?・そのプロダクトの新規性や革新的な部分はどこか?といった点をわかりやすく書きましょう。
アンドロイドスマホにボタンを装着!?簡単操作で一発起動、Pressyでは、pressyでどんなことができるのかが写真とともに書かれてあってわかりやすいです。 


4.リターンは同じ値段で+アルファがついた限定数ありと、なしの2種類を用意する

応用編!あなたのプロジェクトの支援額をさらに伸ばすための3つのtips でもご紹介した内容なのですが、これは特にプロダクトのプロジェクトには相性がいい施策なので、是非用意してみてください。下記は、応用編と同じ内容です。
 
世界で話題の組み立て式ロボット「RAPIRO (ラピロ)」のさらなる世界展開プロジェクト!では、同じ38,000円で・先着50名限定の、TシャツもついたRAPIRO組み立てキット・限定数がない、RAPIROの組み立てキットの2種類を用意していました。
このようなリターンの設計をすると、限定数がある方は「これ、お得!急いで買わないとなくなっちゃう!」と思われるので、短い期間に支援数が増える傾向にあります。
また、この設定をする場合は、上記のRAPIROのリターン画像で「数量限定50セット」と書かれているように、限定数がついている方は、そのことがビジュアルでもわかるような工夫をされることをおすすめします。


5.プロダクト・ガジェットを紹介しているメディアに掲載依頼をする

プロダクト系のクラウドファンディングの場合は、いかにターゲットとなる人にそのプロダクトのことを認知してもられるか、がプロモーションの大きな鍵となります。なるべくプロジェクトがはじまる前に、プロダクトやガジェット等を紹介していて相性がよさそうなメディアに掲載依頼の連絡をしましょう。メディアへのアプローチ方法は絶対に成功する!?クラウドファンディングのプロモーション方法<前編の、5 .相性がよさそうなメディアにアタックするを参考にしてみてください。
世界で話題の組み立て式ロボット「RAPIRO (ラピロ)」のさらなる世界展開プロジェクト!ではプロジェクト実施中にガジェットをたくさん紹介しているメディアGIZMODEさんにRAPIROの紹介とともに実行者さんのインタビュー記事が掲載され、その後支援額がぐっとあがりました。こういったガジェット好きな人がたくさん見ているメディアに掲載されると、支援額の増加に加え、そのプロダクトの認知度アップにもつながります。
____________________________________

さて、今回のtipsはいかがでしたか?

最後に今日ご紹介したtipsを振り返ってみましょう。

1.動画は命!プロダクトの魅力が伝わる動画をつくろう

2.プロダクトがよくわかる写真を撮影しよう

3.プロダクトの魅力が伝わる文章を書こう

4.リターンは、同じ値段で+アルファがついた限定数ありと、なしの2種類を用意しよう

5.プロダクト・ガジェットを紹介しているメディアに掲載依頼をしよう


繰り返しになりますが、プロダクトのクラウドファンディングでは「いかにそのプロダクトの魅力を伝えるか」がサポーターに支援してもらう上で非常に重要になります。どんなに良いプロダクトでも魅力が伝わらなければ支援金もあつまりません。
これらTipsを参考にしながらクラウドファンディングを成功させましょう!

Makuake

プロジェクトを始めたい方、支援したい方に情報を発信中! イベント情報やリリース情報などもお届けします。 FB・TW・Instagram・LINE でも発信中! http://blog.makuake.com/posts/919350

0コメント

  • 1000 / 1000