これはほしい!と思わせるリターンにする8つの方法

を以前ご紹介しましたが、今回はページの閲覧者が「ほしい!」と思うリターンの設定の仕方とビジュアルの見せ方についてご紹介します。

リターンの設計は、クラウドファンディング成功のための肝といっても過言ではありません。この記事を熟読して頂き、より欲しくなるリターンになるよう検討してみてください。]

今日ご紹介するのは下記の8つです。


1.ターゲットとなるユーザーによって異なるリターンを用意する

2.中身が多くなったら箇条書きであらわす

3.リターンの数は10個を目安に

4.メインとなる商品はどれか?を明らかにする

5.欲しい!と思わせるビジュアルを用意する

6.一万円のリターンを魅力的にする

7.配送予定日を書く

8.限定数をつける 

それでは過去のプロジェクトの事例と一緒に一つ一つご紹介いたします。


1.ターゲットによって異なるリターンを用意する

あなたのプロジェクトに支援をしてくれるターゲットは複数いるかもしれません。その場合は、ターゲットによってリターンを分けて用意しましょう。例えば女子大生が始めた美容師向けサービス【Coupe簡単サロモハント】の支援を大募集では、支援をするターゲットとして・美容師・実行者の活動を応援している知人が考えられ、それぞれがほしいと思うリターンが用意されています。
美容師向けに広告ページを載せる、などのリターン
知人向けに、同じ値段でも実用品で支援しやすいトリートメントも用意このようにターゲットが複数いると考えられる場合は、それぞれのターゲットが「ほしい」と思ってもらえるようなリターンを用意しましょう。 


2.中身が多くなったら箇条書きであらわす

リターンで、値段を高くするごとに中身を増やしていくと内容が盛りだくさんすぎて何が含まれているのかよくわからなくなってしまいます。そんなときは、中身を箇条書きで書いてすっきり見せましょう。

<悪い例>

続けて書くと、何がリターンに含まれているのかよくわからない状態になってしまいます。

 <いい例>

【1着オーナー募集】衣装不足のサンタさんを助ける衣装製作プロジェクトinネパール一つのリターンの中にたくさん内容があっても、箇条書きにしていることですっきり見えますね。 


3.リターンの数は10個を目安に

国内クラウドファンディングサイトで300万円以上を集めた案件のリターンの数は平均で9個です。多すぎると選ぶのが面倒になり、また少なすぎると自分が支援するリターンを選ぶ楽しみがなくなってしまうのでリターンの個数は10個程度をオススメします。 


4.メインとなる商品はどれか?を明らかにする

クラウドファンディングのリターンでは、「上記+◯◯」、つまり、一つ前の値段のリターン内容に加えて◯◯というのしかし、気をつけなくてはならないのが「結局そのリターンで何がもらえるの?」という答えに明確に答えられるということ。内容が盛りだくさんすぎると、結局そのリターン内容の中が一番押しなのかがわかりづらくなるので、なるべくリターンのタイトル部分にメインとなる内容をわかりやすく書きましょう。
和歌山を舞台にした映画「ねこにみかん」を多くの人に届けよう!の25,000円リターン。内容は盛りだくさんですが、タイトル部分と写真で、一つ前の値段に比べて何が増えたのかがとてもわかりやすいですね。
 

5.欲しい!と思わせるビジュアルを用意する

リターンはクラウドファンディングの要といっても過言ではありません。その魅力を伝えるのが画像。見ている人が「ほしい!」と思うような画像を用意しましょう。
【1着オーナー募集】衣装不足のサンタさんを助ける衣装製作プロジェクトinネパールのリターン写真。フェルト小物がかわいくらしく写っていて、「これがもらえるなら支援しちゃおう!」と思いそうですね。
 「まだ現物ができていないから、写真は難しいなぁ。。」と思ったら、「イラストで表現する」という手もあります。もし、お友達に絵のうまい人やイラストレーターがいたらお願いをしてみましょう。
DJ HASEBE ☆ Makuake限定インストアルバム制作プロジェクトのリターン写真。お洒落なイラストで見ている人も「楽しそう!支援してみようかな」という気持ちになりそうです。


6.一万円のリターンを魅力的にする

Makuakeの平均支援単価は12,000円(2014年8月現在)でした。そのため、なるべく1万円前後のリターンが魅力的にうつるような設計をしましょう。ただプロジェクトの内容やジャンルによって異なるので、自分達の案件にふさわしいリターンを設定して下さい。
自分のまちは自分たちで作りたい!〜住民の手でつくる集会所プロジェクト〜では、12,000円で、消費ができて支援がしやすい食べ物のリターンを設定していました。
 

7.配送予定日を書く

 不明確なものに人はお金を出しにくいので、なるべくリターンは詳細を書きましょう。配送予定日まで書いてあったら安心です。 


8.限定数をつける

とくにおすすめのリターンは、限定数をつけると早く支援される傾向があります。
世界で話題の組み立て式ロボット「RAPIRO (ラピロ)」のさらなる世界展開プロジェクト!では、限定50個の38,000円リターンがすぐにはけてしまいました!
 

おまけ・リターン設計の注意点

リターンを設計する際には、下記を注意してくださいね!

■リターンの限定数を設定し過ぎると目標金額の達成が難しくなる場合があります。限定数はなるべく10,000円以上の高額のものにのみ設定しましょう。

■リターンとしてイベントの参加権などを用意する場合は、クラウドファンディング終了直後でサポーターに連絡がとれず、最終的に招待を出来なかったという事がないように気を付けてください。出来るだけクラウドファンディング終了後から事務連絡を行う期間を考慮してイベントを開催日を決めて下さい。

■クラウドファンディング開始後にリターンを変更する事は出来ませんのでご注意ください。また、特別な場合にはリターンの追加は出来ますが(要相談)、サポーターの方は一度支援するとリターンの変更は出来ませんので、既にサポーターとなっている方が不利にならないような設計にしてください。


 さて、今回のTipsはいかがでしたか?

リターンの設計によってプロジェクトに集まる金額がまったく違ってきますので今回紹介したTipsを熟読して頂き、クラウドファンディングのプロジェクトを成功させてくださいね!

次回以降にカテゴリごとのオススメするリターン設計を紹介していきますので、こちらも是非楽しみにしていてください!

Makuake

プロジェクトを始めたい方、支援したい方に情報を発信中! イベント情報やリリース情報などもお届けします。 FB・TW・Instagram・LINE でも発信中! http://blog.makuake.com/posts/919350

0コメント

  • 1000 / 1000