あなたのアイデアを魅力的にし、すぐに実現しやすくさせる3つのtips

最近話題のクラウドファンディング。 自分も資金に困っている/合いそうなプロジェクトがあるから是非チャレンジしてみよう!と思ったあなた。アイデアを実現させるために、アイデアがより具体的かつ魅力的である事はとても重要です。

このため今回は単なるアイデアだったものを、クラウドファンディングのプロジェクトとしてブラッシュアップさせるための3つのtipsをご紹介します。

また、本記事と合わせて「これなら成功間違いなし!?クラウドファンディングプロジェクトを組み立てる5つのtips」も参考になりますので、是非読んでみてください。


それでは今日ご紹介する3つのtipsはこちら!


1.アイデアを5w1Hで具体的に表す

2.人が応援したくなる理由を明確にする

3.誰が応援してくれるのかのイメージを具体的にわかせる


それでは一つずつ説明していきましょう。 


1.アイデアを5w1hで具体的に表す

例えばこのようなアイデア

「就活の課題を解決するようなサービスをつくりたい」

「地域で若者が集まる場をつくりたい」

「肩こりに困っている人のための健康事業をはじめたい」

・就活の課題ってどんなもの?どういうサービス?いつリリース予定?どれくらいの人がそれに共感して使うの?

・地域ってどこ?若者って具体的にどんな人?集まる場って集まって一体何をやるの?

・肩こりに困っている人たちにどうやってこのプロジェクトを知らせる?健康事業の具体的な内容は?いつどこではじめるの?もとのアイデアがどこまで決まっているのかわからず、たくさんつっこまれてしまいますね。

人はよくわからない不明瞭なものに対しては警戒心を抱いてお金をなかなか出しません。

ふわっとしたアイデアは、どんなつっこみがきても答えられるくらいに、具体的なところまで決めましょう。

また、アイデアを具体化するにあたって5W1Hの枠組みをつかって明確にしていくととても便利です。それでは5W1Hの具体例を見てみましょう。


映像パフォーマンスユニット”enra”の単独公演プロジェクト

Who(誰が)…映像パフォーマンスユニット”enra”がWhat(何を)…初めての単独公演イベントをWhen(いつ)…2014年5月10日と11日にWhere(どこで)…DDD青山クロスシアターでWhy(なぜ)…これまで作品数を増やすことが難しかったが、「生でライブを見たい!」というファンの声がたくさんあり、ようやく作品数が揃ってきたのでHow(どのように)…クラウドファンディングでみんなの応援によって実現するこのくらい明確にできると、クラウドファンディングのプロジェクトとしても組み立てやすいです。 


2.人が応援したくなるような理由を明確にする

ジャンルにもよりますが、多くのクラウドファンディングのプロジェクトの、支援者の半分以上は実行者の知り合いです。ということは、あなたの友人が応援したくなるような、チャレンジングな要素があるプロジェクトにすることが必要ですね。

例えば 「世界一周をしたいから、その資金をクラウドファンディングで集めたい」といっても、 普通に世界一周をしている人なら世の中にたくさんいますし、 「それ、自分でお金貯めてやれば…?」となりますよね。この場合は、世界一周をして、行った先で何をしたいのか。それが、応援者にとってはどんな価値があるのか。 といった点が明確になっていると、応援されやすくなります。例えばこのプロジェクトはよい例です。


これは、アポロシアターというアメリカの名門コンテストで優勝したアニメーションダンスユニットのNUMBERSが 世界一周をして、行く先々の絶景でダンスを踊って配信する といった要素が応援したくなるポイントだと思います。「人は、あなたのプロジェクトをどうして応援するのか?」ということを 是非考えてみてくださいね。 


3.誰が応援してくれるのかのイメージを具体的にわかせる

つくりたいプロダクトや、やりたい活動のアイデアが具体的につまってきたら

・あなたの友人はそのプロダクトを使いたいと思うか?

・あなたの友人はそのアイデアを応援したいと思うか?

・友人がターゲットでない場合、ターゲットとなる人にこのプロダクト/アイデアを知ってもらう方法はあるか?


といったところを考えましょう。2.とも連動してきますが、あなたの友人に対して、胸をはって「こんなチャレンジをしているから、是非応援してくれ!」と伝えられるとクラウドファンディングとして成功しやすいです。

また、例えば「アニメの登場人物が描かれたガジェットをつくる!」といった、必ずしもあなたの友人がターゲットではないけれども、どこかにターゲットがいる!ということもあります。その場合は、


・アニメのHPにバナーを掲載する

・ターゲットが見ているメディアに掲載をお願いするといった方法で、プロジェクトのことを知ってもらう方法を考えましょう。


____________________________________

3つのtipsはいかがでしたか?

是非アイデアのブラッシュアップのために、活用してみてください!

Makuake

プロジェクトを始めたい方、支援したい方に情報を発信中! イベント情報やリリース情報などもお届けします。 FB・TW・Instagram・LINE でも発信中! http://blog.makuake.com/posts/919350

0コメント

  • 1000 / 1000