思わず支援したくなる!?レトロゲーム愛好家に捧げるスーパー戦隊もの

レトロゲーム好きにはたまらないドット絵、BGMが昔のファミコンを彷彿とさせる、日本のスーパー戦隊ものターン制戦略シミュレーションゲーム。ストーリーは、スタントマンのグループが独自の戦隊テレビスタジオを作る事を決めた事がはじまりで、ゲームプレイヤーはそのグループのマネージャーになって俳優をやとったり、カメラを購入したりして特撮ものを撮影していくようで、撮影をしているうちに、実はいつの間にか本当の悪者達と戦っていた・・・!?のような話らしいです。 これは、俳優たちが悪の手先と対峙している場面のようです。
ヒーローに変身するシーン!こういう所も作り込んでありますね。
こちらはバトルシーン。ボス?キャラと戦闘員と戦っています。緑のマスが移動範囲でしょうか。
自分の能力やスキル、装備を確認する画面。
マルチエンディングストーリーでいろいろな悪者と戦えるようです。
戦隊ではメインともいえる巨大ロボット&巨大怪獣の対決を思わせるシーンも。どういう条件で巨大ロボ発動できるでしょうか?ワクワクします。
こういうほんと昔のファミコンゲームを思い出してしまい懐かしさのあまり、すぐ支援してしまいました。日本人が作っているかと思いきやブラジル人の方がリーダーのチームで海外の方が作られてますね。目標金額が$55,000(約550万円)のところ$97,148(約970万円)と約2倍の金額で達成してますが、2014年4月にリリース予定とのことでしたが、どうも3ヶ月延期したようで、PC/Mac/Linuxにまずは対応するようです。レトロゲームに興味がある方は以下のページからまだ支援できるようなので、もし興味があればどうぞ。http://www.chromasquad.com/参考記事)・本ゲームの公式Wiki

Makuake

プロジェクトを始めたい方、支援したい方に情報を発信中! イベント情報やリリース情報などもお届けします。 FB・TW・Instagram・LINE でも発信中! http://blog.makuake.com/posts/919350

0コメント

  • 1000 / 1000