日本史上最高で資金獲得に成功した、クラウドファンディングにおける「たった4つのポイント」とは

今年も半分以上が過ぎ、8月に入りました。クラウドファンディング業界においては、なんといっても国内過去最高の資金調達に成功したプロジェクトが出現したことが一番のトピックでしょうか。
このプロジェクトが出るまでは、堤真一さん主演の映画「神様はバリにいる」の製作プロジェクトの16,888,500円が最高でした。
 
この金額でも、数百万円を調達するのも難しいと言われる国内のクラウドファンディングにおいて、とんでもなくすごいことに違いはありません。
しかし、「神様はバリにいる」から約半年、とうとうこの四月に現れました!この1600万円以上を集めたプロジェクトを越えるプロジェクトが!
 
一体いくらほど調達したと思いますか?
なんと、最終的に集まったのは、目標金額の3000万円を上回る3132万6500円なのです。大きく引き離しての過去最高になりました。
 
このプロジェクトからクラウドファンディングで資金を調達するポイントを見出したいと思います。そのためにはこのプロジェクトが一体どのような内容だったのかを見ておく必要があります。
企画者はBULK HOMMEさんで、プロジェクトタイトルは「世界一のメンズフェイシャルエステを造り、『日本の男はカッコいい!』未来を創る」。なるほど、男性専用のフェイシャルエステをオープンするための資金調達ということなのですね。
しかし、男性用のフェイシャルエステとは果たして店舗にお客が足を運ぶほどニーズがあるのでしょうか。
読み進めていきますと、
世界に発信していくコンテンツとして注目を浴びている「クールジャパン」「日本食」「観光」に加えた、日本文化として「男性美容」を根付かせると。その根幹にあるのが、「これまでほとんどが女性の消費で支えられていた日本の化粧品市場。その市場規模は2兆円を超えており、この巨大な市場で日夜しのぎ削り、進化してきたスキンケアの研究レベルは、間違いなく世界でも一番だと胸を張れるほどである。そして男性と女性の肌には、若干の特徴の差はあるものの、生理機能は変わらない」ということ。なるほど、既存技術のノウハウをもとにニーズ自体を創出、高めようとしているのですね。
とはいうものの、しっかりと現在のニーズがどの程度あり、それはどの程度なのだろうという私の心配はすぐに払拭されるのであります。「ハンサムと思われる前に最低限すべきことは何ですか?」というアンケート結果が掲載されているのです。
なんだと思いますか?おしゃれな服?高級ブランド?豊富な知識?
堂々の1位は「清潔感があること」なのです。
全体的な清潔感ももちろんですが、ピチピチと透明感のある清潔なお顔に惹かれませんか?たぶんそういうことだと思います。間違い無くニーズはあるのです。
そして、この結果は、美容に興味の無い方にもグサッときますよね。
この結果の横には、日本人男性がイタリア、アメリカ、フランス、イギリスと比較して極端にモテないという結果が掲載されています。このプロジェクトの企画者BULK HOMMEさんは、近い未来に「日本の男はカッコいい」にすべく、今回のサロンから「男性美容」を発信し続けるという。もう、W杯でTVに映りこんだような海外サポーターの美人女性、はたまた自身の周りの女性を口説き落としたくてたまらない全日本男児には魅力的な話なのです。頑張って欲しいわけなのです。

Makuake

プロジェクトを始めたい方、支援したい方に情報を発信中! イベント情報やリリース情報などもお届けします。 FB・TW・Instagram・LINE でも発信中! http://blog.makuake.com/posts/919350

0コメント

  • 1000 / 1000