空飛ぶ自動車「スカイリス(SKYLYS)」!ついにクラウドファンディングに登録される

フランスのミックス・エアロスペース社が空飛ぶ自動車「スカイリス(SKYLYS)」の開発プロジェクトの準備を進めていることを、あなたはご存知でしょうか。「スカイリス(SKYLYS)」プロジェクトは、満を持して大いなる期待と自身を胸に、米クラウドファンディングサイト・インディゴーゴーで225万ユーロ(約3億2000万円)の資金調達を目指しています。
無人機と自動車を融合した空飛ぶ自動車の構想は、実に4年前から膨らませ誕生したのです。飛行機となる部分が自動車部分を包括するイメージとなっており、なんと分離が可能となっています。
 
プロモーション動画からは、4〜5名程度(軽自動車と同じくらい)の人数が乗ることが出来るようです。「都心や都会での利用、一般道走行をシミュレートした、電気駆動の空陸両用車の実現を目指したい」とミックス・エアロスペースの関係者は話しています。
まさに映画の世界に登場しそうな空飛ぶ車、搭乗できる日は来るのでしょうか。空飛ぶ自動車スカイリスは、警察や救急隊の利用をも想定しています。渋滞や混雑している車両の上、交通事情が悪い地面の上さえも飛行できれば、次世代のレスキューや緊急時の切り札になります。もちろん一般市民が利用することも可能です。場駐車スペースをどうしたら良いかという問題はさておき、移動時間の短縮や渋滞緩和の推進等の大きなメリットが得られるのではないでしょうか。免許については、ヘリコプター免許と普通運転免許があれば操縦出来るようです。「スター・ウォーズ」シリーズに登場しそうな空飛ぶ車スカイリスの開発は、夢のあるプロジェクトであるとはいえ、いささか現実離れしているのか、クラウドファンディングでの調達には苦戦している模様。現在「スカイリス(SKYLYS)」は、アメリカ米国のクラウドファンディングサイト・Indiegogoで資金を募集していますが、目標金額が超高額の3億円である影響か、執筆現在の5月13日において残り72時間でありながら390ユーロしか集まっておりません。
あまりに現実離れしすぎているのでしょうか。夢を叶えるクラウドファンディングは、夢過ぎるのもいけないという教訓なのかもしれません。
しかしながら、これが実現するとなると全世界を驚かせることになります。facebookのザッカーバーグあたりがどーんと資金提供しても面白いのに、と勝手に思っている筆者でした。
クラウドファンディング参照ページ:https://www.indiegogo.com/projects/skylys-the-flying-car

Makuake

プロジェクトを始めたい方、支援したい方に情報を発信中! イベント情報やリリース情報などもお届けします。 FB・TW・Instagram・LINE でも発信中! http://blog.makuake.com/posts/919350

0コメント

  • 1000 / 1000